自分の借金が時効になっているか調べる方法ってあるの?

MENU

自分の借金が時効になっているか調べる方法ってあるの?

長い間借金を放置している場合、その借金が時効になっているかもしれない、という淡い期待を持つ事もあるでしょう。
ですが、まだ時効になっていないのにこちらから行動を起こすと、藪蛇になってしまう事もあります。
自分の借金が時効になっているかどうかを調べる方法はあるのでしょうか。

 

自分で時効かどうかを調べるのは難しい

借金の消滅時効は、相手が商法で定める商人の場合は5年です。
ですから、簡単に言うと最終取引日から5年が経過していれば時効にかかっている事になります。
ですが、その間に相手が訴訟を起こしていたりすると、時効は中断しますから時効は成立しません。
訴訟が起こされたかどうかは、裁判所からの郵便物で調べるしかありません。
インターネットなどにその情報を調べる事は出来ませんから、郵便物をチェックするしかないのです。
ですが、夜逃げなどをしている場合は、郵便物は届きません。
その場合は、自分で調べる事はほとんど不可能と言っていいでしょう。

 

信用情報機関に情報を請求する

あなたが夜逃げもせず、住民票にある住所にずっと住んでいて、それでも裁判所からの送達状も届かない場合、最終取引日を勘違いしている事も考えられます。
貸金業者はそんなに簡単に貸したお金の事を忘れてくれるほど甘くはないのです。
自分の借金の状態を貸金業者に聞いたのでは、債務の承認になってしまい時効が中断してしまいます。
そこで、信用情報機関に自分の情報を請求してみましょう。
ヤミ金などでなければ、いつ借金をしていつ返済したかといった情報はそこに記載されています。
その最終返済日から時効期間が経過していれば、時効が成立している可能性も出て来るでしょう。
ですが、これはとても幸運な場合です。

 

弁護士に相談

弁護士事務所によっては、借金が時効になっているかどうかを無料で調べてくれるところもあります。
ですが、弁護士にとってもそれは簡単なことではありません。
調べる方法は無い、と言い切っている弁護士もいるぐらいです。
それでも気になる方は、自分で調べるよりは弁護士に依頼した方が調査できる可能性は上がるでしょう。